pressureman sk8blog

pressure flip好きのfreestyle skater koi日記
pressureman sk8blog TOP  >  2016年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スケートシューズ@最初の手入れ

スケート関連のネタも無いんですが、先日M80からハーフキャブが届いたので
スケシューの初期手入れでも書きます。以前に書いたような書いてないような・・・まぁいいか。

0058.jpg

左から、今のスケート用、普段履き用、新しく届いたハーフキャブ。
次は、普段履きがスケートシューズになって、新しく届いたのが普段履きになるってサイクルです。

普段履きとして履いておく事で初期ならしが出来てるのでハーフキャブの場合は、
スケシュー交換初日から違和感無く滑れます。

普段履きからスケシューにする段階で、インソールの交換をします。
スケシューはFPインソールをいれるんですが、平らのじゃなくて足裏の形に添う形状のFPインソールを使ってます。
普通のハーフキャブは、インソールが取れない構造ですが、無理やり取ります。
キャブプロは、普通に取れますが以前に一度使った際に違和感があったので僕は、普通のハーフキャブ派です。
生産ロットでたまたま合わなかっただけの可能性もありますが、まぁ普通のほうが安いし。

インソール取る前
0059.jpg

剥がし中。接着剤かなんかで付いてるので頑張って剥がします。
0060.jpg
両方取れました。
0061.jpg

手前が、剥がしたインソール。奥がFPインソール。厚さはほぼ同じです。
0062.jpg

厚さがほぼ同じなので足裏感覚を損なうことなく、足裏へのダメージは純正品より軽減されます。

次は、縫い目部分に瞬間接着剤の塗布
0063.jpg
0064.jpg

染みになってる所が塗ったところです。最初に瞬間接着剤を染みこませとく事で切れにくくなります。
まぁそれでも切れるんですけどね。
タンの所にもやっとくと50/50とかで破れるのが軽減されます。

次はソール。
0065.jpg
0066.jpg

スケシューとして使う前の段階で、シューグーでソールの溝を埋めます。
溝がなくなるまで磨り減ってから塗るより、長持ちすると思います。
使い出してからも定期的に塗りますが、磨り減ってから塗るというよりも
磨り減らないようにするという使い方ですね。
僕の場合ハーフキャブは、初期から足裏感覚の違和感が無いので
ソールがあまり磨り減らないほうがいいってのも理由です。

塗る範囲は、真ん中以外ですが目安として
0067.jpg
前側は、白いガードの重ね目辺りまで。
後ろ側は、縫い目の辺りまで。

これで、晴れて普段履きからスケシューへと生まれ変わりました。
スポンサーサイト
[ 2016年12月29日 14:36 ] スケート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

鯉

Author:鯉
フリースタイラー、鯉です。
自己紹介的動画





ピックアップ動画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。